百年ハム「スモークベーコン」 new お勧め PICUP

       

商品説明:いつものスモークベーコンを長崎県産豚肉で作っております。脂身が多いのでお料理する際には最適です。生でももちろん食べられます。デンマーク産のベーコンと違って、柔らかく脂身をより感じることでしょう。 

○原材料○
豚バラ肉(原産国 国産 長崎県)
塩(長崎産 崎戸のいそしお)
発色剤(亜硝酸Na・硝酸K)
○保存方法・賞味期限○
形態
保存方法
賞味期限
スライス
4℃以下 冷蔵
冷蔵 30日

ドイツハム伝来百周年を記念して「百年ハム」発売

■生ベーコン■
ベーコンとは豚のわき腹肉を燻製にした物のことを言いますが、日本では基本的に加熱調理食品としての歴史が長く定着しています。しかし世界のベーコンを見渡してみると、生のままで食せるベーコンがどちらかと言えば主流で、前回紹介した生ハムと合い通じる部分があるんです。 本格的な発展は20世紀に入ってからで、それまでは基本的な豚のバラ肉を利用したベーコンが主流としてヨーロッパで食されてきました。 特にドイツやイギリスでは基本的な食べ物であり(特に船乗りには)、イソップ童話などにも登場し、いかに一般生活に定着していたかを今でも垣間見ることができます。これを日本にたとえるなら、お漬物的なイメージなのかもしれません。 ベーコンとビールとパン… これこそヨーロッパ食文化の基本と言えます。

■ベーコンと目玉焼きの関係■
ベーコンの代表的な調理法方の一つに焼くという方法があります。カリカリベーコンといえば好きな方も多いはず。そんなカリカリベーコン調理の代表的なものが目玉焼き。
この目玉焼きとベーコンの組み合わせがいつごろから始まったのかは定かではありませんが、全世界に存在しているようです。合わせて目玉焼きはその世界的なファンが多くいるスタンダード料理の定番であり。全日本目玉焼き学会や国際目玉焼き会議なる組織も存在するほどです。
その活動は、半熟か固焼か、またサニーサイドアップかターンオーバーかなどと真剣な議論の場となっています。それほどまでに世界に愛される目玉焼きに代表格として競演しているベーコンとは、やはり世界が認めた定番食材ではないでしょうか。
カリカリベーコンの作り方は、パックのままお湯で3分ほど茹でます。すると水分が袋の中に出ますのでそれを捨て(又はそれでスープの出汁が出来ますが)お肉だけフライパンで焼くとカリカリになります。そこに卵を落とせばカリカリベーコンの目玉焼きが出来ます。
      

■ベーコンの食べ方■
目玉焼きの話が出た後ですが、ベーコンにはそのほかにも様々な食べ方があります。例えばピザ。トースト。アスパラ巻き… とにかく色々なところに顔を出すベーコンです。
日本では手軽な洋食アレンジの材料として利用される率が高いようで、やはりその手軽さがそうさせる原動力のようですね。ちなみにヨーロッパではと言うと、基本形はパンと一緒に食べる食べ方で、動物性たんぱく質の基本となっているようです。日持ちもするし、程よい塩分が元気の元ってな感じです。
[品番]商品名 [be19a001] 百年ハム「スモークベーコン」
商品価格 900 円/個 (消費税額66円)
備考 ドイツハム日本伝来百周年記念商品。
初代カールブッティングハウスの味を再現しました。
カテゴリ 百年ハム
ベーコン(生ベーコン)
個 

お問い合わせお問い合わせ 友達に知らせる友達に知らせる マイリストマイリスト 口コミ情報口コミ情報

BACK前の画面に戻る
Chama Cargo©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved